バラの管理③バラのかかりやすい病気【平塚市/秦野市  剪定・伐採・除草・消毒なら木村植物園】
- 秦野市・平塚市・伊勢原市でお庭のお手入れ・庭木の剪定・消毒ならおまかせ -

2018年3月23日  /  スタッフ日記(お庭番)

こんにちは!

お庭番です!

 

今日はバラのかかりやすい病気についてご紹介します。

 

まずとにかくよく発生するウドンコ病、と黒点病(黒星病)についてご紹介します。

・ウドンコ病とは名前の通り葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる病気です。

うどん粉

3~5月のこの時期にウドンコ病が出てしまうと木自体が弱ってしまい後の黒点病(黒星病)も発症しやすくなります。

なのでこの時期にベニカXファイン等の薬剤を散布し虫と一緒にウドンコ病の病原菌を殺菌しましょう。

 

・黒点病とは黒星病とも呼ばれその名の通り黒い斑点が付きます。ごく最近まで泥はねが原因とされていましたが現在は空気感染で広がることが確認されています。

黒点病

その他にもバラのかかりやすい病気をご紹介します。

・根頭がんしゅ病・・・接いだ部分や根にコブができる病気。多くの場合枯れることがなくそのままで心配がないが、まれに生育障害になります。こぶを切り取り消毒します。

・さび病・・・葉や枝に橙色〜黄色のイボ状の斑点ができ、サビがついたようになる病気。

・ベト病・・・葉脈に沿って赤紫色の斑点ができる病気。若葉につきやすく、葉が緑のまま落ちます。ダメージが大きく枯死することもあるので、注意が必要。

・灰色カビ病・・・新芽や花弁に褐色のカビの斑点ができ腐る病気。

これらの病気も珍しい病気ではありません。暖かくなってきましたしお庭に出て可愛いバラを愛でてあげる際には確認してあげましょう。

 

病気は菌が原因ですので病気のついた葉を付けたままにして置いたり、摘んだ後に下に落としたままにしておくと被害が拡がる原因になります。特にウドンコ病の繁殖力は強く放置しているとあっという間に広がります。病気の出た葉は摘み取りきちんと処分しましょう。

 

また同じ殺菌剤を続けて使うと菌に耐性が付き効果が弱くなることがあります。

複数の薬剤をローテーションで使うと耐性を付けさせず再発しにくくなります。これは殺菌剤だけではなく殺虫剤にも同じことが言えます。

 

バラは正直他の木と比べて手がかかります。

しかし手がかかるからこそきれいに花が咲いたときはいとおしく思えます。

難しそうと足踏みしている方も是非始めてみてください!

自分の育てたバラが花開くときはきっと感動するはずです!

 

お庭のことで困ったら木村植物園にご相談ください。

バナー剪定

★施工例紹介

移植、枝おろしの時期ですね。木村植物園では剪定に限らず幅広い要望にお応えしています。

↓  ↓  ↓

http://www.241.co.jp/blog05/?cat=17

バラの管理①はこちら

バラの管理①今時期のお手入れ【平塚市/秦野市  剪定・伐採・除草・消毒なら木村植物園】

#平塚市#秦野市#伊勢原市#厚木市#大磯町#茅ヶ崎市#二宮#小田原#足柄市#開成町#大井町#中井町#殺虫#消毒#診断#樹勢回復#施肥#移植


アクセス

木村植物園は東名秦野中井ICから車で10分、平塚ICからは車で12分。小高い丘にある緑のテーマパークです。

電車・バスをご利用の方は、小田急線 秦野駅 より 神奈川大学行きのバスに乗車頂き、小熊天神前で下車頂くとすぐ目の前です。(秦野駅より15分)

マップ

木村植物園

〒259-1205
神奈川県平塚市土屋241 tel:0120-152-887

駐車場 無料大規模駐車場完備
営業時間 9:30(日曜9:00)~18:00
休日 年末年始

カフェナチュール

営業時間 10:00(土・日・祝9:30)~18:00
休日 金曜日(祝日の場合は営業)、年末年始

ドッグラン

営業時間 9:30(土・日・祝9:00)~18:00
冬季(11月~3月)の営業時間は17:00まで
休日 金曜日(祝日の場合は営業)、年末年始

その他サービス

  • ガーデン倶楽部ブログ
  • 外構・エクステリアブログ

アーカイブ

TOPへ戻る