えごいエゴノキ【平塚市/秦野市  剪定・伐採・除草・消毒なら木村植物園】
- 秦野市・平塚市・伊勢原市でお庭のお手入れ・庭木の剪定・消毒ならおまかせ -

2019年5月31日  /  植木・草花

こんにちは!お庭番です!
木々の新芽が落ち着き、いよいよ植物にとって活動的な期間となりました。新芽が落ち着いて間もないこの時期です。今回はエゴノキについてお話致します。
○エゴノキ(6/5の誕生花 花言葉 「壮大」)
エゴ
○エゴノキの由来
由来の憶測ですが実の皮が有毒で、これを口に入れると喉や舌を刺激してえごいことから。有毒のものや、えごい実ははたくさんあるのに、この木にエゴノキと名づけたのは、食べる方法を模索したからではないかと考えられます。たわわに実るこの実を見た人は、「ああ、この実を食べることができるなら、一度にたくさんの食料を調達できるのに」と思ったに違いない。その位、実の付きが良い。
○エゴノキの管理
枝が横に広がるように開放感のある自然樹形が美しいのであまり枝を刈り込むようなことはせずに、不要な枝(他の枝と絡んだり重なり合っている枝、垂直に立っているものなど)や伸びすぎて(徒長して)樹形を乱している枝、大きくなりすぎて邪魔な枝を切り落とす程度にとどめます。枝を切る場合は中途半端に残さず、できるだけ付け根や枝分かれしている箇所から切り落とすようにします。その方が自然樹形に近い美しい姿を保つことができます。枝を切るのは落葉期が適期ですが、間延びした枝を切り落とす程度でしたら開花直後でも可能です。植え付け場所は強い風の当たらない日当たり~半日陰の場所が適しています。枝葉にはよく日が当たった方がよいですが、株元の地面まで直射日光が当たると乾きすぎてよくありません。耐寒性があり、北海道の南部より南の地域で植栽可能です。病気はありません・害虫 カイガラムシ テッポウムシ エゴノネコアシアブラムシ カイガラムシやテッポウムシ(カミキリムシの幼虫・幹の内部を食い荒らす)は見つけ次第早めに駆除しましょう。また、枝先に緑白色をした虫こぶが付くことがあります。これはエゴノネコアシアブラムシというアブラムシの仕業ですので見つけ次第取り除いてしまいましょう。
ガーデン倶楽部では花の咲く植木が続々と入荷致しております。植木の植え付けをお考えのお客様もぜひお越しください。また、ご自分では難しいという方、お庭番までご用命ください。

バナー

最新記事一覧

#平塚市#秦野市#伊勢原市#厚木市#大磯町#茅ヶ崎市#二宮#小田原#足柄市#開成町#大井町#中井町#剪定#伐採#抜根#植栽#植付け#防草#除草#殺虫#消毒#診断#樹勢回復#施肥#移植


アクセス

木村植物園は東名秦野中井ICから車で10分、平塚ICからは車で12分。小高い丘にある緑のテーマパークです。

電車・バスをご利用の方は、小田急線 秦野駅 より 神奈川大学行きのバスに乗車頂き、小熊天神前で下車頂くとすぐ目の前です。(秦野駅より15分)

マップ

木村植物園

〒259-1205
神奈川県平塚市土屋241 tel:0120-152-887

駐車場 無料大規模駐車場完備
営業時間 9:30(日曜9:00)~18:00
休日 年末年始

カフェナチュール

営業時間 10:00(土・日・祝9:30)~18:00
休日 金曜日(祝日の場合は営業)、年末年始

ドッグラン

営業時間 9:30(土・日・祝9:00)~18:00
冬季(11月~3月)の営業時間は17:00まで
休日 金曜日(祝日の場合は営業)、年末年始
お庭番ブログ

その他サービス

  • ガーデン倶楽部ブログ
  • 外構・エクステリアブログ

アーカイブ

TOPへ戻る