落ち葉のお話【平塚市/秦野市  剪定・伐採・除草・消毒なら木村植物園】
- 秦野市・平塚市・伊勢原市でお庭のお手入れ・庭木の剪定・消毒ならおまかせ -

2018年11月27日  /  スタッフ日記(お庭番)

こんにちは!お庭番です。

最近は樹木も落葉し、街中が少し寂しくなりました。今年も残りわずかですね。今日は落ち葉のお話をいたします。

 

秋も終り、冬になると落葉樹の葉は一斉に散り始めます。夏から秋にかけて日照時間が短くなり、気温が低くなると、葉の細胞の中でさまざまな変化が起こってきます。光合成を担っている葉緑体が解体し、細胞内で重要な機能を果たしている核酸やたんぱく質が分解され、全体として葉の働きが弱くなっていきます。このような葉の老化がある程度まで進むと、葉柄の基部に離層(りそう)という特殊な細胞の集団が形成され、葉はこの部分から離れていきます。紅葉(黄葉など)はこのような葉の老化の進行に伴って起こるものです。

枯葉

○落ち葉の効果

庭や公園等では、落ち葉を清掃していますが、それにより落ち葉を分解する生物が少なくなり、それにより土壌のミネラルの循環も絶たれてしまいます。さらに落ち葉で覆われていないと、表面が乾燥しやすく、踏圧により固結しやすくなります。土が踏み固められてしまうと、十分な水や酸素が入り込めず、根は呼吸できません。また、生物も棲めなくなり、腐植の乏しい土になります。しかし、庭木などでは落ち葉の中に樹木に害を与える虫が隠れていますので掃除しても構いません。その代わりにチップを敷たり、下草を植えるなどして、土の乾燥の防止などする方法があります。

 

○腐葉土の効果

庭を掃除しキレイにするため養分が不足しますので腐葉土堆肥を入れてあげましょう。腐葉土を入れる事によりミミズが増え、土を耕してくれます、それにより土壌が固まらずにいつもフカフカさせ保水性・排水性を高め、沢山の肥料を蓄える力を持ち(保肥力)、植物が必要なときに必要なだけ供給することができます。しかし、完熟してない落ち葉など腐敗する際に分解菌が窒素を奪ってしまうので、逆に植物の生長を阻害してしまうので、根に直接触れないように注意しましょう。

 

お庭番では植栽、剪定だけでなく病害虫対策や施肥も行っております。

お庭のことでお悩みなら木村植物園お庭番までご依頼ください!
最新記事一覧

#平塚市#秦野市#伊勢原市#厚木市#大磯町#茅ヶ崎市#二宮#小田原#足柄市#開成町#大井町#中井町#剪定#伐採#抜根#植栽#植付け#防草#除草#殺虫#消毒#診断#樹勢回復#施肥#移植


アクセス

木村植物園は東名秦野中井ICから車で10分、平塚ICからは車で12分。小高い丘にある緑のテーマパークです。

電車・バスをご利用の方は、小田急線 秦野駅 より 神奈川大学行きのバスに乗車頂き、小熊天神前で下車頂くとすぐ目の前です。(秦野駅より15分)

マップ

木村植物園

〒259-1205
神奈川県平塚市土屋241 tel:0120-152-887

駐車場 無料大規模駐車場完備
営業時間 9:30(日曜9:00)~18:00
休日 年末年始

カフェナチュール

営業時間 10:00(土・日・祝9:30)~18:00
休日 金曜日(祝日の場合は営業)、年末年始

ドッグラン

営業時間 9:30(土・日・祝9:00)~18:00
冬季(11月~3月)の営業時間は17:00まで
休日 金曜日(祝日の場合は営業)、年末年始

その他サービス

  • ガーデン倶楽部ブログ
  • 外構・エクステリアブログ

アーカイブ

TOPへ戻る